こんにちは。かわひろです。

 

Twitterアフィリエイトの基本的な流れについては、

「基礎編」でおわかりいただけたと思います。

 

では、実際にTwitterアフィリエイトを実践するためには、

どの様な作業をしていくのか?

最新のノウハウとともに解説していきたいと思います。

 

ここからの説明は、Twitterアフィリエイトの為の「神ツール」

Twift(ツイフト)を使うことを前提としています。

Twiftについては「基礎編」で概要を説明していますのでご覧ください。

 

****************************

Twift(ツイフト)には、Twitterアフィリエイト初心者の向けの

『初級講座』が用意されています。

全10章からなる膨大な量のPDFとビデオです。

細かいところはこの講座テキストに委ねますので、

ここからは、ポイントを絞って解説していきます。

****************************

 

Twitterアカウントを作る

ここで説明する、Twitterアフィリエイトのノウハウは、

アカウントを量産してそれをツールに入れて効率よく運用する方法です。

 

Twitterアカウントを作るには、SMSが受け取れる電話番号が必要です。

例えば、1つの携帯電話番号で複数のTwitterアカウントを作ることは可能ですが、

作れても3アカウントぐらいまでです。

 

Twitterアフィリエイトでは100個以上のアカウントを運用していきますので、

それだけの電話番号が必要となってきます。

格安スマホをたくさん契約して使うという手もありますが、

それにしてもかなりコストが掛かりますよね。

 

そこで、「Google Voice(GV)」というGoogleの電話サービスを使います。

GVはアメリカの電話番号になりますので取扱いには少し注意が必要です。

GVはTwitter社も正式に認めているので、Twitterで使うには全く問題ありません。

 

GVは、Googleアカウントに紐づいているサービスですが、

アメリカでのみ取得できるので、日本にいる我々は業者からGVを購入します。

業者によって多少差がありますが、300円~400円/個くらいで購入できます。

 

GVの購入にあたっては、ツールの中でも購入方法が紹介されていますが、

私は使い勝手や品質、コスト面から別の業者を使っています。

 

プロキシを購入する

アカウントが出来たら、ツールに入れて運用をしていきますが、

GVはアメリカの電話番号ですので、アメリカからログインする必要があります。

 

TwitterではアカウントにどこからログインしたかIPアドレスでチェックしています。

その為にアメリカのプロキシサーバーを経由してログインします。

 

プロキシ業者もたくさんありますし、業者によって品質や価格に差があります。

プロキシは毎月レンタル料がかかるので、まだあまり稼げていないときは、

プロキシにあまりお金をかけない方が良いでしょう。

 

ここでのポイントは、Twitterアカウントとプロキシは、

連鎖凍結を避けるために、1:1で紐づけすることをお勧めします。

今までは1プロキシに、3~5アカウントを入れていましたが、

今はアカウントの数だけプロキシを用意することを推奨します。

 

APIを作成する

アカウントをツールで運用するために、アカウント毎にAPIを作成します。

APIを作成するためには、開発者承認を受けたアカウントでないと作れません。

 

この開発者承認を取得するところで、つまづいている人も多いようです。

承認を得るための説明文(英語)が壁になっているようです。

私も最初は中々承認されませんでしたが、今では100%承認されます。

 

開発者承認が取得できなかった場合でも、

Twiftでは別のアカウントのアプリを使ってツールに入れて運用する事ができます。

ただし、この方法はおススメしません。

 

API凍結のリスクが大きくなりますし、元のアカウントがAPI凍結すると、

そのアプリを使って紐づいているアカウントもAPI凍結されます。

私はもしアカウントが開発者承認されなかった時は、GVを抜いて捨てます。

 

フォロールールの作り方

Twitterアフィリエイトでは、フォロワー数を増やすことが最大のポイントです。

「基礎編」で説明したように、フォロワーを増やす方法としては、

ターゲットを絞って、フォローバックを狙ってフォロワーを増やしていきます。

 

Twiftでは、色々なパラメーターでフォロー対象を決めることができます。

検索キーワードで、ツイートやプロフィールを検索してフォロー対象を探したり、

ターゲットにした特定ユーザーのフォロワーをフォローしていきます。

 

ここはフォロワーを増やす上で、アフィリエイターの差がつくところですが、

重要なのは、アクティブなフォロワーを探すという事です。

特定ユーザーのフォロワーをフォロー対象にする時、

フォロワー数だけで決めると全然反応が無いという事もあるので注意が必要です。

 

中には、フォロワー数を水増ししていたり、BOTアカウントばっかりと言うのもあるので、

フォロワーの質もチェックしましょう。

 

まとめ

ここでは、Twitterツールの「Twift(ツイフト)」を使うことを前提とした、

アフィリエイトの方法について、最も注意したいポイントを解説してきました。

 

冒頭で述べているようにTwiftの「初級講座」には大量のコンテンツが用意されています。

Twiftは、紹介があれば30日間無料で使えるので、一度触ってみてはいかがでしょうか?

 

⇒ Twiftを使ってみたい方はこちら(30日間無料)

申込み蘭の「紹介者」は、かわひろ でお願いします。