こんにちは。かわひろです。

 

以前の記事でも触れましたが、

Twitterアフィリエイトは凍結との戦いと言っても過言ではありません。

逆に言えば、凍結を制する事ができれば勝ったも同然です(^^)/

 

2019年に入ってからも、断続的に続く「凍結祭り」ですが、

今回は、Twitterに詳しいASPの、”マネートラック”さんの分析と、

最新の情報をもとに、凍結対策について説明していきたいと思います。


アフィリエイトASPのマネートラック

 

Twitter社の現在の凍結の傾向

現在の凍結傾向で特に特徴的なのが急速な健全化です。

 

例えば、利用者の対象年齢を引き上げたり、

言動に対する物や著作物に対するチェックが厳しくなっています。

 

Twitter利用規約に修正を加えながら媒体の健全化が進められており、

下記で解説している3つの分野ではその影響が濃く出ています。

 

下記3つの凍結傾向は、どれもTwitterで活動していくには

知っておくべき内容なので、是非頭に入れて置いて頂けたらと思います。

 

1.スパム判定

大量にDMを送り付ける、関係の無いハッシュタグを大量に貼った投稿など、

スパム行為に対する凍結処理は当初から行われておりました。

 

ですが、スパム行為に対する凍結基準を掻い潜ろうとする者が現れる度に、

凍結基準は変わってきています。

 

その為に去年まで問題が無かった運用方法も凍結対象になる事もあります。

最近の特徴としては、パクリツイートや著作物の投稿に対する凍結が多いようです。

 

アーティストのPV動画などを扱うアカウントは著作権警告を受けたり、

凍結処理が多発している様です。

 

2.言動による有害アカウント判定

毎年起こっている大量凍結では、BOTアカウントやアフィリ用アカウントなどの

凍結が目立っているのですが、凍結対象となっているのはそればかりではありません。

 

特にTwitterの健全化に伴って目立ってきているのが『言動による凍結』です。

人に対しての誹謗中傷などは勿論、

差別的言動や児童に対する性的発現に対するチェックが厳しくなってきています。

言動に対する規約違反で数十万件のアカウントが一斉凍結される事もありました。

 

この凍結基準も年々変わって来ており、時に問題無いはずのアカウントさえも

誤検知凍結される事もあります。

 

3.設定内容による判定

Twitterは設定内容によっても凍結されやすい物と、されにくい物があります。

凍結リスクを下げる為にはメールアドレスと電話番号が重要と考えられています。

 

まず、電話番号の登録有無は任意となっておりますが、

登録していた場合では違反行為に対しての対処が一発凍結ではなく

アカウントロックで簡単に復帰出来るパターンが多いのは事実です。

 

一つのアカウントを長く運用して行きたい場合は登録しておくべきです。

ただし、絶対にロックで済むわけではなく、一発凍結する可能性もあります。

 

次にメールアドレスに関してですが、

登録しているメールアドレスの種類によっても凍結リスクは変わるようです。

Gmailはその他のフリーメールアドレスと比べて凍結されにくいと言われています。

 

ただ、ここで明言しておきたいのは、電話番号やGmailアドレスを登録しておけば、

凍結されないという訳ではないという事です。

 

あくまで凍結されにくくなる傾向があるという事なので、

しっかりと念頭においておきましょう。

 

Twitter最強ツールのTwiftを使った場合の凍結対策

私がおススメしているTwiftは、以前の記事にも書きましたが、

今あるTwitterツールの中では最強と思っています。

 

毎年行われるTwitterの規約変更にも、即座に対応してくれていますし、

クラウド型のメリットとして、ユーザー側では何も変更する必要はありません。

 

2019年のアカウント凍結の対策として、いくつか上述してきましたが、

凍結となる場合のチェックポイントは基本的には次の3点です。

 

1.アカウント自体の問題

  • IPアドレスと電話番号と国のマッチング
  • プロフィール画像、背景画像、プロフィール内容
  • そもそもパクリアカウントはアウト

 

2.ツイート内容の問題

  • 差別的、暴力的な発言や、過激な性的描写
  • スパム的なツイート(広告)
  • 意味のない大量のハッシュタグ

 

3.アカウントの運用の問題

  • 大量フォロー、大量アンフォロー
  • フォローとフォロワーのバランス
  • ブロックされるなど、スパムスコアの値

 

ただし、凍結させるにはこれらを複合的にフィルターにかけていると思うし、

あくまで、さまざまな情報を分析したときのチェックポイントという事です。

 

Twiftはそれぞれのチェックポイントに対して、細かく設定が出来ます。

なので、アカウントを量産しても、ツールに入れて安全に運用ができる訳です。

 

Twiftには初級者向けの設定マニュアルが添付されているので、それに沿って、

先ずは安全にアカウントを設定して、リサーチや広告に集中して稼ぎましょう!

 

⇒ Twiftを使ってみたい方はこちら(30日間無料)

申込み蘭の「紹介者」は、かわひろ でお願いします。