こんにちは。かわひろです。

 

ネットビジネス初心者には、Twitterアフィリエイトを勧めているのですが、

2019年もTwitterアフィリエイトで稼ぐことができるのでしょうか?

 

心配いりません!2019年もTwitterアフィリエイトはしっかり稼げます!

この記事では、2019年もしっかり稼ぐ方法を解説していきます。

 

2019年のTwitterアフィリエイトを取り巻く環境

Twitterアフィリエイは、アカウント凍結との闘いと言っても過言ではありません。

せっかく育てたアカウントが凍結してしまうと、稼ぐことはできません。

 

2018年のTwitterを振り返ってみると、アフィリエイターを取り巻く環境に、

いろいろな変化や、Twitter社による大規模凍結キャンペーンがありました。

 

1つ目は、自動化ツールを使ってTwitterアフィリエイをする場合に不可欠な、

アカウント毎のAPIを作るためには、開発者承認が必要になりました。

 

開発者承認されないと、APIが作れないのでそのアカウントは使えません。

他のアカウントのアプリを使ってAPIを複製することもできますが、

API凍結のリスクが高まりますので、この方法はあまりおすすめしません。

 

私は、この開発者承認を100%取得する方法を習得していますので、

ルール変更前となんら問題なくアカウントのAPIを作れてますが、

ここで躓いているプレーヤーも多いようです。

 

2つ目は、2018年夏から秋に断続的に起こった、「大凍結祭り」です。

 

Twitter社は、Twitterの健全性を守るために、信頼性を損なうアカウントを

凍結させたとアナウンスしていますが具体的な凍結フィルターは分かりません。

 

この時は、世界的に影響が多かったようですし、誤って凍結させられた、

アフィリエイトと関係のないアカウントも多数あったみたいです。

そのような場合には「異議申し立て」をすることで凍結解除ができます。

 

我々アフィリエイターは、いわゆる「凍結祭り」は定期的に行われるものだとして、

その対策をしておく必要があります。

かく言う管理人も、昨年の凍結祭りには、結構なダメージを受けました。

 

しかし、影響を受けなかったアフィリエイターも居るので、

その違いをしっかり見極めて、今後の対策に生かしていく事が大切です。

 

私が提供している「Twitterアフィリエイト2019年版」には、しっかり、

この時の対策が盛り込まれています。

 

そして、2018年のこれらの、ルール変更や、大凍結祭りによって、

かなりのアフィリエイターが撤収したのは事実です。すなわち、

今では、Twitterアフィリエイトはブルーオーシャン状態と言えます。

 

【2019年版】Twitterアフィリエイトのやり方

2019年は、今までのTwitterアフィリエイトのノウハウでは稼ぎにくくなっています。

ノウハウと言ってもそれぞれのアフィリエイターで違いがあるでしょうが基本は同じです。

 

すなわち、

[アカウントを大量に作る]x[フォロワーを増やす]x[そこに広告を流す]

これの繰り返しです。

それぞれについて凍結対策をふまえた2019年の最新ノウハウを解説していきます。

 

アカウントを大量に作る

Twitterアフィリエイトでは、大量にアカウントを作ることによって、短期間で、

フォロワーを大きく増やすことを狙います。これは連鎖凍結対策にも役立ちます。

 

ただし、ここで気を付けることは、一気にアカウントを作り過ぎないことです。

昨年の凍結祭りでは、期間を絞って凍結フィルターをかけたのでは無いかと思われます。

 

Twitterアカウントには、アカウントを作った、年月日、IPアドレスが刻印されています。

これは、変更ができません。従って、同じ日に、同じIPアドレスで作られたアカウントは、

同一人物と思われても仕方ないですよね。そこに、ルール違反したアカウントがあれば、

一網打尽に凍結されてしまいます。

 

では、どうすれば良いのか?

 

同じ日に作るのは止めようがないですよね。ならば、IPアドレスを変えるべきです。

今までは、1つのIPアドレスに3~5個のアカウントを入れていましたが、

2019年は、できればアカウントとIPアドレスは、1:1に割り当ててください。

 

これは、確かにコストがかかるところなので、難しい人は、同じIPアドレスは、

出来るだけ日にちを空けて使いましょう。そうする事で、連鎖凍結を回避します。

 

もう一つの方法は、

 

古いアカウントを業者から購入し、編集して使う方法です。先ほども言ったように、

アカウントには作成年月日、IPアドレスが刻印されているのでそれぞれ全く別物です。

それを、作りたいアカウントに編集して使うことで、それぞれの関連性を無くします。

 

アカウントを大量に作る時には、アカウントの独自性に注意を払わなければなりません。

少しでも関連性があると思ったらそれを断ち切ることを心がけてください。

 

フォロワーを増やす

Twitterアフィリエイトのキモは、なんと言ってもフォロワーの数です。

ここを増やさないと、売る相手がいない訳で、収益は上がりません。

 

フォロワーを増やす方法は、基本的には自分がフォローした相手のフォロー返しを

狙うやり方です。これを、ツールで行っていきます。

 

1年前までは、新しく作ったアカウントで、1日に何百人もフォローしても、

凍結されることはありませんでした。これを続けていると、

今は、ほぼ間違いなく、アカウントロック→アカウント凍結となるでしょう。

 

Twitterは、フォロー件数と、フォロワー件数のバランスを見ているので、

異常な動作をしているアカウントには警告を出します。最悪、凍結されます。

 

特に新しいアカウントで、フォロワーが少ない時には大量フォローは控えましょう。

現実的には1日に20~30件くらいに留めておいた方がいいでしょう。

 

また、フォロー対象をツールに任せるだけでなく、手動でフォローするのも効果的です。

面白いツイートをした時には、「いいね」や「リツート」がもらえます。

その人が、まだフォロワーになっていなければ、どんどんフォローしましょう。

フォロー返しの可能性が大きくなります。

 

広告を流す

そして、広告を流して収益化をしてゆく段階でも注意が必要です。

同じ広告を、多数のアカウントで頻繁に流しているとスパム扱いされます。

 

これを回避するためには、広告のバリエーションを出来るだけ増やします。

特に同じジャンルのアカウントを大量に作って運用する場合には、

広告のバリエーションは最低10個、出来れば20個くらいは用意したいですね。

 

また、別な方法としては、アカウントをグループ化してその中で共有する方法です。

私が推奨しているTwitterツールのTwiftには、ツイートのグループ設定ができます。

 

例えば、1グループに20アカウントを登録しておきます。

ツールで、その中の1つのアカウントを選び、広告ツイートをつぶやかせます。

 

その時に、グループ内の他のアカウントはそのツイートをリツイートします。

これによりアカウント全体のフォロワーに広告ツイートが拡散されます。

 

フォロワー数と同様に、広告がどれだけ拡散されるかで収益が左右されますし、

広告の量だけでは無くて、ユーザーとのマッチングや広告の質も重要です。

 

広告の質については触れてきませんでしたが、ASPの選び方でも差がつきます。

Twitterアフィリエイトに適しているASPについては、

【最新ノウハウ】Twitterアフィリエイトで稼ぐ方法(基礎編)

で触れているので参考にしていただければと思います。

 

2019年も活躍する最強ツール「Twift」

冒頭にも書きましたが、Twitterアフィリエイトは凍結との戦いでもあります。

特に、ツールを使うには、Twitterのルールに沿ったツールの使い方をしなければなりません。

 

Twiftは、Twitterの仕様変更があった場合には、その都度アップデートしています。

それによって、一度設定した内容を変更することなく使い続けることができます。

 

さらに、前章で述べた、

[アカウントを大量に作る]x[フォロワーを増やす]x[そこに広告を流す]

この各項目をサポートするための、細かい設定が出来るようになっています。

 

特に、フォロールールの設定や、拡散ツイートの設定は、非常に細かくできます。

初心者の場合にはここは初期設定でも構いませんが、上級者の要望にも、

十分対応できる仕様になっています。

 

2019年は、Twitterアフィリエイトはブルーオーシャン状態です。

しっかり凍結対策をして、Twiftを使いこなして、ライバルに差をつけましょう!

 

⇒ Twiftを使ってみたい方はこちら(30日間無料)

申込み蘭の「紹介者」は、かわひろ でお願いします。

 

お勧め記事

Twitterアフィリエイト初心者が、最初の1週間で3万円以上の報酬!

Twitterアフィリエイト初心者が、2ヶ月目で13万円の報酬を達成!

【Twitterアフィリエイト】初心者が初月で6万円超えの報酬!