こんにちは。かわひろです。

 

ネットビジネスは、場所や時間の制約を受けず、自分のペースで進めていく事ができますし、

仕組みを作れば、自動で収益を上げることができます。これは大変魅力的ですよね。

 

同じくらい魅力的なのが、権利収入では無いでしょうか。

一般的には、何らかの「資産」を作って、そこから生まれる権利収益を受け取ります。

代表的なのが、印税だったり、株式配当金だったり、不動産賃貸料ですかね。

 

今回は、ネットビジネスのお話しでは無く、リアルビジネスの紹介になりますが、

自分が作り上げた資産をベースに、一生涯、権利収入が得られるビジネスをご紹介します。

 

完全無料で始められる、屋根修理ビジネスとは?

みなさんは、自宅の屋根が壊れた場合にどのように修理しているのでしょうか?

屋根の修理には結構お金がかかるものです。

もしかすると、我慢してそのままにしている事もあるかもしれません。

 

実は、今入っている火災保険を使って、屋根の修理ができるんです。

もちろん、火災による被害で無くても大丈夫です。

風災、雪災、落雷、水災、などにより被害にあった場合でも適用されるんです!

 

「屋根修理ビジネス」とは、この、あまり知られていない火災保険を使った屋根修理を、

お客様が行う申請手続きから、実際の修繕工事までのお手伝いをすることです。

『火災保険アシストサービス』と呼んでいます。

 

『火災保険アシストサービス』の一番のポイントは、全てを保険金で賄うため、

お客様は完全無料で屋根の修理が出来ることです。

サービス概要はこのとうりです。

 

あなたが、このビジネスを始めるには、取次店になる必要があります。

取次店になるには、いくつかの適正条件をクリアする必要がありますが、

登録料、会費、在庫、ノルマ、年齢の上限、資格、知識などは、一切不要です!

 

完全無料でビジネスを始められるし、取次店に期限は無いので安心です。

そして何よりも、サービスを受けたお客様から感謝されるのが最高ですね!

 

取次店になる方法

このビジネスに参加するには、取次店登録が必要です。

20歳以上の日本国籍の方であれば、年齢、性別、職業、特別な資格も必要なく、

取次店になることができます。

 

ここで、ちょっと気になっている方がいるかも知れません。

実は過去には、悪徳業者による、火災保険を使った修理サービスが問題になっていました。

 

国民生活センターにはこのような質問も来ています。

 

今回ここで私が紹介しているのは、全く真逆の事業主の案件です。

悪徳業者と一線を画すために、取次店になる為の一番の条件は、

『信頼関係のあるいい人』です!

 

これは、取次店だけでなく、サービスを提供するお客様も『いい人』限定です。

どちらも、既存の取次店からの、口コミのみで紹介してもらいます。

 

『いい人』という言い方がちょっと面白いのですが、この『火災保険アシストサービス』は、

お客様は完全無料で屋根修理ができるし、取次店も完全無料でビジネスに参加できるので、

お互いの信頼関係が無いと、事業が成り立たないという理由があります。

 

その為、いくつかの『いい人』の条件を設けていますが、それに反していれば、

取次店だけでなく、そこを紹介した取次店も登録抹消されることになります。

 

『火災保険アシストサービス』のビジネスモデル

取次店に登録されると、1件成約ごとに、保険金から支払われた工事代金の、

各ランクで決められたパーセント分が、取次店に支払われます。

 

最初は、取次店7%からスタートします。

2~3件成約ごとに、ランクが上がって行き、

最高は、販社25%の紹介料を受け取ることができます。

 

この実績は、自分が紹介した傘下組織の実績も加算されますし、

一度上がったランクは、降格することはありません。

 

例えば、自分が取次店10%であった場合に、

修理代金100万円の案件を受注すると、

①自分で紹介した場合:100万円x10%=10万円

②傘下の取次店7%が紹介した場合:100万円x(10%-7%)=3万円

が、受け取る紹介料になります。

 

取次店になる為の手順

①取次店仮登録申請フォームに入力

②資料一式が事業元から1週間以内に発送

③事業元、もしくは認定上級者主催セミナーへの参加(Webセミナー)

④内容把握度確認テスト実施

⑤テスト実施後1週間以内に合否の通知

⑥合格者は「本登録申請フォーム」を受け取り

(不合格者は、リベンジは1度までOK)

⑦「本登録申請フォーム」を記入・送信で正式登録

 

このビジネスに向いている人

このビジネスは、信頼関係が構築できる『いい人』なら、誰でも参加できます。

基本的には1戸建ての屋根修理がメインなので、都心よりも地方の方が良いかもしれません

 

そして何と言っても、口コミで広げて行くだけの交友関係と人間関係が必要です。

その為、実際に紹介を多く取っている方は、年配の方も多くいます

 

若い方は、このビジネスモデルに魅力を感じて、権利収入を目指して頑張っています。

このビジネスは、まだあまり広まっていないので今がチャンスですよ!

 

『火災保険アシストサービス』に興味のある方、

もっと詳しく聞きたいという方は、LINE@から連絡ください!

 

最後にチラシを載せておきますね。

日本住宅災害調査チラシ