こんにちは。かわひろです。

 

今、アフィリエイト業界では、Twitterアフィリエイトに関心が集まっているようです。

 

Twitterアフィリエイトは、いろいろなやり方がありますが、ここでは、

実際に私が実践している、初心者でも短期間でしっかり稼げるやり方について、

説明していきたいと思います。

 

管理人がTwitterアフィリエイトを始めたきっかけ

以前の記事でも紹介しましたが、Yahoo!のリスティング広告(PPCアフィリエイト)が、

2019年6月3日から禁止になります。プラットフォーム依存型のリスクの典型ですね。

 

私も、PPCアフィリエイトは、ある高額塾に入塾して取り組んでいました。

ちょうど1年位前です。しかし、そのころからYahoo!の規約変更が相次ぎ、

塾で教えているノウハウが通用しないなと思った時、

Twitterアフィリエイトのことを知りました。

 

ある方のコンサルを受けて本格的にTwitterアフィリエイトに取り組んだのが、

2018年の後半です。

正直に言って、その頃の私には、ほとんどTwitterの知識はありませんでした。

 

言われるままに(勿論Twitterツール「Twift」を使ったノウハウですが)始めた結果、

広告配信を始めた初月から、10万円を超える報酬が発生しました!

 

この調子でいけば、PPCアフィリエイトよりも簡単に稼げると思っていました。

しかし、2018年の秋ごろから始まった「凍結祭り」に巻き込まれ、

全アカウント凍結という、洗礼を受けることになります。

 

この時がTwitterアフィリエイトのノウハウのターニングポイントだったと思います。

 

私が教わっていた方は、既にTwitterアフィリエイトのプレイヤーからは引退し、

コンサルのみで生計を立てているような方でした。

 

彼が現役アフィリエンターだった頃は稼いでいたようですが、私が参入したときには、

彼のTwitterアフィリエイトのノウハウは既に通用しなくなっていたという事です。

 

今考えれば、間違いなく凍結するようなTwitterアフィリエイトのやり方を、

教えてもらっていた事になりますが、昔はそれでよかったんですよね。

 

今回の記事は、これからTwitterアフィリエイトを始めたいと考えている方に、

(保存版)【2019年】Twitterアフィリエイトの始め方 と題して、

現役アフィリエイターの私から説明していきたいと思います。

 

Twitterアフィリエイトは、PPCアフィリエイトと同じように禁止にならないのか?

冒頭でPPCアフィリエイトが、プラットフォームに依存したビジネスモデルのリスクの

典型という話をしました。

 

確かに、TwitterアフィリエイトもTwitterというSNSのプラットフォームに依存してるし、

Facebook広告や、Google広告、YouTubeアフィリエイトなども、各メディアの

プラットフォームに依存したビジネスモデルです。

 

従って、メディア側で規約変更などが行われて、アフィリエイト禁止となる可能性は

否定できません。

 

しかし、Twitterに限って言えば、Twitterユーザーに対するスパム行為や、

過激な言論等に対しては、かなり徹底的に取締り(ロックや凍結)をしていますが、

集客媒体としてのTwitterについては否定していません。

 

逆に、これを否定すると世界最大のSNSプラットフォームである、Twitterそのものの

存在意義がなくなると思います。

 

従って、TwitterアフィリエイトはTwitterルールに乗っ取り、スパム的な行動や

発言をしない限り現時点では大丈夫だと考えています。

 

しかし、今までのノウハウで稼いでいた人たちは、全く通用しなくなってきているので、

Twitterアフィリエイトから撤退している人が多数います。

 

また、PPCアフィリエイトだけでなく、サイトアフィリエイトで稼げなくなった人が、

昔のTwitterアフィリエイトのやり方をまねて参入して、早々に辞めています。

 

この状況を客観的に見ると、

今は、Twitterアフィリエイトはブルーオーシャン状態と言えますね!

 

Twitterアフィリエイトの始め方

過去記事にも載せましたが、Twitterアフィリエイトを始めるためには、

最低限必要なものがあります。

 

まず以下のものを準備します。

  • パソコン(クロームブラウザを使用)
  • アカウントを作るための電話番号(グーグルボイス)
  • アメリカのIPアドレス(プロキシ業者からレンタル)
  • 独自ドメイン(短縮URLに変換するため)
  • ASPへの登録
  • G-Mailアドレス
  • Twift(Twitterツール)の契約

 

あれば便利なもの

  • 画像キャプチャソフト
  • 画像編集ソフト
  • 動画編集ソフト

 

TwiftのBasicプラン(150アカウントまで登録可能)契約し、

100アカウントを運用した場合。

 

一時費用の合計(パソコン代は除く)

  • グーグルボイスアカウント購入:100個 x 300円=30,000円

 

ランニング費用の合計

  • Twiftベーシックプラン使用料:月4,980円
  • USAプロキシ100個使用料:100個x 50円=月5,000円
  • ドメイン使用料:月100円

最初にグーグルボイスを購入する費用はかかりますが、買ってしまえば、

あとは毎月かかるコストとしては、100アカウントあったとしても約1万円ほどです。

 

Twitterアフィリエイトの始め方については、過去の記事で紹介しています。

リンクを貼っておきますので、参照してください。

【最新ノウハウ】Twitterアフィリエイトで稼ぐ方法(基礎編)

【最新ノウハウ】Twitterアフィリエイトで稼ぐ方法(実践編)

 

私が推奨するTwitterアフィリエイトのノウハウは、

「Twift」というツールを使った、Twitterアフィリエイトのやり方です。

「Twift」の詳細はこちらで紹介をしています。

Twitterアフィリエイトの最強ツール 「Twift 」の紹介

 

最も重要なアカウント凍結対策

Twitterアフィリエイトの最大の課題は、いかにアカウント凍結をさせずに、

フォロワーを増やしていくかという事です。

 

しかし、ツールを使ってTwitterアフィリエイトをしていく以上、

アカウント凍結をゼロにすることはかなり難しいと言わざるを言えません。

 

Twitterアフィリエイトの凍結対策のノウハウは、アカウント凍結を最小限にして、

そこから派生する連鎖凍結をさせないという事です。

 

凍結対策についてはこちらの記事を参照してください。

【2019年版】最新、Twitterアカウントの凍結対策