こんにちは。かわひろです。

 

Twitterからのメッセージで、2020年1月1日より利用規約とプライバシーポリシーが更新され、

新しいルールが設定されていくという発表がありました。

 

いままでもTwitterの規約変更等は行われてきましたが、こんなにしつこく周知していたのは、

あまり記憶にありません。ちょっと気になりますね。

 

どこが変わるのか?

何ともTwitter社は不親切で、新・旧のサービス規約を並べて表示しているだけで、

「自分で差分を探して理解しなさい」と言う感じです(+_+)

 

そこで、管理人の方で各項目ごとに今回変更された箇所の要点と、

実際に追加・削除されたところをピックアップして解説していきたいと思います。

 

新規約と現行規約を比較

本サービスを利用できる人

「本サービスを利用できる人」に改訂・追記された部分はありません。

プライバシー

「プライバシー」に改訂・追記された部分はありません。

本サービス上のコンテンツ

「本サービス上のコンテンツ」に改訂・追記された部分はありません。

ユーザーの権利およびコンテンツに対する権利の許諾

「ユーザーの権利およびコンテンツの利用に対する権利の許諾」において、追記された部分があります。

追記された内容

  • キュレーション(情報、まとめサイトなど)や変形、翻訳をしてもツイートを発信したユーザーは許諾すること。
  • リツイートも対象。
  • ツイートに報酬は支払われないものの、Twitterを無料で利用できることが対価であることを同意している。

この追記の解釈

  1. 投稿内容をキュレーションにまとめたり、変形・翻訳を行うことを示唆しています。今後Twitter自身がまとめサイトなどをやるのでしょうか?また翻訳サービスは登場しそうな気がします。
  2. 投稿コンテンツが特定の目的のために「リツイートされることもあるよ」と記載しています。あえて「リツイート」を文言として入れた理由は、現時点リツイート自体もプロモーションに該当するため、と推測できます。
  3. Twitterに権利を提供することは、Twitterを利用できることの対価、と記載しています。「権利を全部もらうけど、その代わりとしてTwitterを使わせてあげるね★」という内容ですね。この文章だけ見るとすごい強権的ですね。

本サービスの利用

「本サービスの利用」において、改訂と追記された部分があります。

改訂・追記された内容

  • サービス上のコンテンツの削除または配信の拒否。
  • ユーザーがセキュリティ研究者の場合、Twitterの脆弱性報告プログラムに従わなければならない。
  • Twitterの脆弱性報告プログラムに参加するユーザーにはパラグラフに規定される要求事項は適用されない。

この追記の解釈

  1. Twitter側がどのコンテンツを誰に出すかを自由に決定できる、というもの。
  2. もしユーザーが「セキュリティに詳しい人」であれば、脆弱性報告プログラムに従う必要があるというもの。これ、セキュリティ関連の開発者の場合、要注意ですね。(レアケースかと思いますが・・)もしセキュリティ研究者の場合、強制的に脆弱性報告のボランティアに参加される格好になります。ですので、Twitter上では、セキュリティ関連の仕事をしている、と言わないほうが良さそう。

ユーザーアカウント

「ユーザーアカウント」に改訂・追記された部分はありません。

本サービスを利用するためのユーザーライセンス

「本サービスを利用するためのユーザーライセンス」に改訂・追記された部分はありません。

本規約の終了

「本規約の終了」において、追記された部分があります。

追記された内容

  • ユーザーアカウントの一時停止もしくは削除後でも、この規約は有効に存続する。

この追記の解釈

  1. この項目に「第2、3、5および6条の規定は引き続き適用されます。」という記載があります。要するに「ユーザーが退会した後も、TwitterにアップされたコンテンツはTwitterのものね」という意味合いになります。

責任の制限

「責任の制限」に改訂・追記された部分はありません。

一般条件

「一般条件」に改訂・追記された部分はありません。

 

プライバシーポリシーの改訂・追記された内容

「公開情報」への追記

ユーザーが「いいね/リツイート」やリプライなどでTwitter上の広告に反応すると、

ユーザーが反応した広告に関する情報を取得する場合があるということを加えました。

また、ツイートする際にコンテンツを公開して投稿すること(API経由も含む)で、

その情報を可能な限り広範囲で公開するように指示を出していることにもなり、

ツイートを世界中に広めます。

「連絡先情報とアドレス帳」への追記

一文に「広告を含む」が追記しました。

「ログデータ」への追記

ログデータの内容に「検索語」において【実際に検索のために用いられていない検索語も含む】を追記。

これらのデータををTwitter社が販売戦略の効率性向上にも使用すると追記しました。

「広告主とその他の広告パートナー」への追記

広告パートナー、関連会社によって共有された情報は、

ユーザーがTwitterと共有した情報などを組み合わせることがあると追記しました。

「サービスプロバイダー」への追記

サービスプロバイダーが、その他の個人情報に該当しないデータを

利用することがあるという旨を追記しました。

「法律、損害、及び公益」への追記

一文に「その他の安全性に関するデータ」が追記しました。

「非個人情報」への追記

非個人情報において、「人口統計」と「推測される興味関心」が新たな項目として追加されました。

「自身の個人情報へのアクセスまたはその修正」への追記

ユーザー情報のアクセス、訂正や削除を要求する際は、

プライバシーポリシーに記載された方法で連絡することができる旨を追記しました。

「削除」の部分的な削除

今まではユーザーの手によって「停止後、削除」が出来ていた書き方ですが、

今回は「削除することができます」が削除されているため、ユーザーによる

退会やアカウント削除が実質的な「削除」ではないことを意味しています。

「反対、制限または同意の撤回」の追記

プライバシー設定がシステム全体に反映されるまでに時間が掛かる旨を追記しました。

 

まとめ

今回のTwitterの規約変更とプライバシーポリシーの変更では、1つは、今まで曖昧だった、

Twitterにツイートされたコンテンツの所有権がどこにあるのかを明確にしたと言えます。

また、Twitterとしてはできるだけ収益性を上げたいがために、

データの利用方法を拡張したいといった思惑が感じられます。

 

今回の変更では、特段、凍結や投稿ルール変更については言及がありませんでしたが、

データの監視状況は引き続きシビアになっていくことが予想されています。

 

SNSではTwitterはアダルトコンテンツについてはかなり寛容なメディアではありますが、

このあたりの取り締まりはより厳しくなっていくと思われます。

 

いずれにしても、”凍結されない”ように、ルールを守ってTwitterで稼ぎましょう!

 

アフィリエイトASPのマネートラック